日本最大級のエクステリア展示会 最先端の商材・情報が一堂に集結~エクステリア エキシビション2018 2018年4月20日、21日 東京ビッグサイトにて開催します。

お問い合わせフォーム

リノベーションにおけるエクステリアの役割と重要性 「暮らしの価値は境界に宿る ~ 関係性の再編集~」

開催日時 4月20日(金) 14:00〜15:00
会場 セミナー会場
定員数
内容 否応無しの人口減少と少子高齢の波が押し寄せる現代社会。破綻同然の社会福祉制度。そんな中、地域社会においては近代化の過程で失われてきた互助の精神に基づく生活者間のコミュニケーションが見直されようとしています。
生活環境のデザインも、住戸そのもののデザイン以上に、街と住戸の境界に位置しパブリックとプライベートの関係性をつかさどるエクステリアデザインの重要性が増しつつあります。エクステリア、建物外構のデザインをコミュニケーションデザインと位置づけ、資産価値ばかりでなく、地域価値の向上を同時に果たした複数事例の紹介と、エクステリアの今後の展望についてお話しします。
講師 大島氏プロフィール
1970年東京都生まれ。大手組織設計事務所勤務を経て、2000年ブルースタジオにて遊休不動産の再生流通活性化をテーマとした「リノベーション」事業を起業。その活動域は建築設計にとどまらず、不動産商品企画、コンサルティング、グラフィックデザイン、プロパティマネジメントなど多岐にわたる。実需、事業用を問わず単体不動産の再生を手がける一方で、団地再生、地域再生など都市スケールの再生プロジェクトを自治体とともに取り組む。近年では全国で展開する地域再生ワークショップ「リノベーションスクール」の実績により2015年日本建築学会教育賞受賞。団地再生プロジェクト「ホシノタニ団地」で2016年度グッドデザイン金賞(経産大臣賞)を受賞。(一社)リノベーション住宅推進協議会理事副会長。(一社)HEAD研究会理事。(株)リノベリング取締役。大阪工業大学建築学科客員教授。東京理科大学建築学科非常勤講師。

TOPへ